おすすめ記事

米FRB、6月からバランスシート圧縮のペースを減速-市場に配慮

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は1日、量的引き締め(QT)として知られるバランスシート圧縮のペースを6月から減速させると発表した。
 パウエル議長は記者会見で、エージェンシー債の償還元本が現在月約150億ドルであることから、ポートフォリオのランオフを徐々に増やし、合計のランオフは月950億ドルになるとした上で、「ランオフのペース減速を決めたからといって、バランスシートの最終的な水準により緩やかに近づけるということだと説明した。」
 3月19、20両日に開かれた前回のFOMC会合議事要旨によると、大半の当局者がFRBの7兆4000億ドルのポートフォリオをどこまで圧縮すれば、19年に市場の混乱を招いたことから、さらなるランオフには慎重なアプローチで臨むことが適切だと「幅広く評価」していた。
こうした状況を背景に金融当局は柔軟性をもって今後のQTの道筋を検討することができる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米FRB、6月からバランスシート圧縮のペースを減速-市場に配慮

Twitterでフォローしよう