おすすめ記事

米GDP、10-12月は年率3.3%増-23年は2.5%増と予想外の強さ

記事を要約すると以下のとおり。

2023年10-12月(第4四半期)の米実質国内総生産(GDP)速報値は予想を上回る伸びを示した。
棒グラフ:GDP変化率、折れ線グラフ:個人消費変化率出所:米経済分析局  米金融当局が重視するインフレ指標である食品とエネルギーを除いたPCEコア価格指数の伸びは2四半期連続で当局の目標である2%に一致した。
ただ、今年は成長が鈍化するとみられている。
 インフレ動向と連邦公開市場委員会(FOMC)がそれにどう対応するかが、今年の経済が向かう方向を決定付けるカギとなりそうだ。
この日のGDP統計は2023年のデータだが、FOMCの慎重なアプローチにつながる論理を補強するものだと指摘した。
 GDP統計では、財・サービスへの支出を合計すると、2022年第2四半期以来の強い伸びを記録した。
企業在庫は予想外にGDPに寄与した。
この指標は基調的な需要の強さを示す。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米GDP、10-12月は年率3.3%増-23年は2.5%増と予想外の強さ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう