おすすめ記事

米GDP個人消費、4-6月確定値は大幅下方修正-1年ぶり低調

記事を要約すると以下のとおり。

    個人消費は4-6月に減速したが、7-9月(第1四半期)はこれまでのところ強さの兆しも示されており、米金融当局やウォール街のエコノミストらは短期的な成長への楽観を強めている。
GDIとGDPの平均値は1-3月、4-6月期いずれも1.4%増加した。
 同当局が今年スポットライトを当てるようになった住宅を除くコアサービス価格の指標は4-6月に年率3.5%上昇。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米GDP個人消費、4-6月確定値は大幅下方修正-1年ぶり低調

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう