おすすめ記事

米PPI、前月比で3カ月連続の低下-利下げ観測が再び強まる

記事を要約すると以下のとおり。

昨年12月の米生産者物価指数(PPI)は市場予想に反し、前月比で3カ月連続の低下となった。
 エコノミストはPPIを注視しているが、特定の医療分野やポートフォリオ管理など、いくつかのカテゴリーが個人消費支出(PCE)価格指数をインフレ目標の基準にしている。
こうした数字は12月PCEの鈍化予想を補強するとみられる。
イエメンの親イラン武装組織フーシ派の軍事拠点に対する米英軍の空爆を受けて原油価格が上昇するなど、地政学的な要因がインフレ抑制を鈍らせるリスクもある。
 12月PPIでは、財の価格が0.4%低下。
 変動の大きい食品とエネルギー、貿易サービスを除いたPPIは前月比0.2%上昇。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米PPI、前月比で3カ月連続の低下-利下げ観測が再び強まる

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう