おすすめ記事

米20年国債にウォール街が熱視線、かつて不人気も利回り格差変化期待

記事を要約すると以下のとおり。

2020年に発行が再開された20年物米国債の購入で何度も痛い目に遭ってきた債券投資家は、今回は違うとの結論に達しそうだ。
ただ、財務省は先週発表した入札規模拡大計画の中で、20年債発行額を10、30年債に比べ小幅に増やすと明らかにした。
一方、20年債は「割安な水準にあり、10年債と30年債をショートにして20年債をロングにすれば、その分を収益化できるだろう」と語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米20年国債にウォール街が熱視線、かつて不人気も利回り格差変化期待

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう