おすすめ記事

米30年債、四半期入札で有終の美飾る-需要堅調で投資家の不安後退

記事を要約すると以下のとおり。

米財務省は8日、総額250億ドル(約3兆7300億円)の30年債入札を実施した。
低めの利回りは、トレーダーの事前の予想より強い需要を示唆する。
 米金融当局の利下げ開始時期に投資家が確信を持てない状態が続いているが、需要は良好だった。
米労働省の週次統計で新規失業保険申請件数が予想を下回ったことも入札にプラスに働いた。
 この1週間の利回り急上昇は米国債入札での需要喚起につながったが、金融政策の先行きは不透明で価格上昇が妨げられる可能性がある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米30年債、四半期入札で有終の美飾る-需要堅調で投資家の不安後退

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう