おすすめ記事

綱渡り世界経済、リセッション回避なるか-中国経済再開など好材料も

記事を要約すると以下のとおり。

世界経済に対する楽観的な見方が強まっている。
特にインフレの粘着性が高く、中銀が望むほど鈍化しない場合、年内に世界経済が低迷するリスクを無視することはできない。
    このように慎重ながらも楽観的な見方が広がっている背景には、幾つかの理由がある。
昨年6月の0.25ポイントと、昨年12月の0.75ポイントの利上げが行われていた。
 クロール・インスティテュートのチーフグローバルエコノミスト、ミーガン・グリーン氏は「ドル高はピークに達した」と話す。
「中国経済再開の加速、欧州の暖冬、そして米国でのインフレ鈍化が勢いづくという3つだが、これらの前向きなサプライズのうち、最初の2つはすでに実現しており、3つ目の可能性もまだある。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 綱渡り世界経済、リセッション回避なるか-中国経済再開など好材料も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう