おすすめ記事

緩和的な金融環境は当面継続、国債買い入れはいずれ減額へ-日銀総裁

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の植田和男総裁は19日、日銀による国債買い入れは継続されると指摘し、緩和的な金融環境が当面続くとの見通しをあらためて示した。
日銀は3月会合で政策修正を決めた背景について、30年ぶりの力強い賃上げが日銀政策の修正に十分となる物価目標達成の確率を高めることに寄与したと説明した。
 同総裁は今月初めの一部メディアとのインタビューで、物価トレンドが改善する公算が大きいことを挙げ、今年後半の追加利上げの時期を早める可能性もあると、複数のエコノミストが指摘している。
 植田総裁はこの日、次の政策金利変更のタイミングについて示唆は与えなかった。
日銀の政策修正および最近の為替市場の動きについて、ワシントンでの他の当局者との会話で頻繁に取り上げられた話題だったと指摘した。
市場関係者の間では、為替介入に向けた下準備と受け止められている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 緩和的な金融環境は当面継続、国債買い入れはいずれ減額へ-日銀総裁

Twitterでフォローしよう