おすすめ記事

習氏「世紀のプロジェクト」に先行き不透明感-17日から一帯一路会議

記事を要約すると以下のとおり。

中国政府は関係国をデフォルト(債務不履行)に追い込む無責任な貸し手だとの批判にもさらされている。
機微なテーマだとして匿名を条件に話した同当局者によると、習主席が一帯一路構想を提唱してから10年の節目となる今回のサミットで、同プロジェクトが勢いを取り戻せるよう政府は期待しているという。
China'sBRIEngagementinDifferentRegionsTotalvalueofconstructioncontractsandinvestmentfrom2013to2023Source:DataprovidedbyDr.ChristophNedopilWang2023dataisforthefirstsixmonths.  今回の一帯一路フォーラムにはロシアのプーチン大統領、タイのセター首相らが出席する。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 習氏「世紀のプロジェクト」に先行き不透明感-17日から一帯一路会議

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう