おすすめ記事

習氏への権力集中、混乱する世界の一段のリスクに-株と元下落

記事を要約すると以下のとおり。

習近平総書記(国家主席、10月23日)Source:Bloomberg  習氏は長期政権をにらみ最高指導部に自らに近い党高官を昇格させた。
 週明け24日午前の中国市場は下落。
オフショア人民元は一時0.7%安の1ドル=7.1230元に設定。
 今年のロシアによるウクライナ侵攻は独裁体制のリスクを浮き彫りにした。
WATCH:XiJinpingwalkstheredcarpetalongsidethetopofficialswhowillruleChinaalongsidehimforthenextfiveyearshttps://t.co/9ARiGjaSDZpic.twitter.com/CVhQ5MtijB—Bloomberg(@business)October23,2022  習氏は「共同富裕」の名の下に民間セクターを締め付けてきたほか、世界の潮流に反してゼロコロナ政策を専門とするシンガポール国立大学の荘嘉穎準教授(政治学)は習氏への権力集中により、近隣諸国との領有権問題の悪化や主要国との緊張の高まりは避けられないだろうと分析。
 権力集中は「世界の直面するリスクを一段と高める」とし、「中国の領有権の主張は強まると予想される。
この人事は中国が向かう方向の最終的な試金石となる可能性がある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 習氏への権力集中、混乱する世界の一段のリスクに-株と元下落

Twitterでの意見

時事通信社Janet
【中国の国際論調】対中不安の払拭狙う―「協調外交」を演出 北海道大学法学研究科准教授 徐 行 3期目の習近平政権が、習氏への権力集中を一層際立たせた形で動きだした。…本文に続く
習近平氏、権力集中の3期目 3万字を割いた「中国式現代化」の意味:朝日新聞デジタル # 「台湾への言及は全体の2%程度であり、習氏の力点はそこにはない。最も時間を割いて説明したのは、「中国式現代化」と…
noronoro
> 党内では、長老らを中心に習氏への過度な権力集中に対する不満があるとされる。 >習氏は今回、党規約では「二つの擁護」の明記にとどめ、 >最高指導部を側近で固める人事で権力基盤を盤石にする「実」を取ったと指摘される。
琳琅
3期目指導部を自身の側近で固めることを優先した習氏が、党規約改正では一定の譲歩をしたとみられています。習氏への権力集中や個人崇拝を思わせる動きに対し、党内で反発が根強い実態が改めて浮き彫りとなりました。
政治家観察人
『習氏への権力集中や個人崇拝を思わせる動きに対し、党内で反発が根強い実態が改めて浮き彫り』 実績が無いという、称賛されているものの、実態は悪化。 権力独裁したとしても、スターリン・毛沢東ばりの粛正を行い続けなければ、その立場は守れないだろうことは、歴史が教えてくれる。
おんたまうどん
市場が中国新指導部にネガティブな反応示した3つの理由 ・第1に、習氏の強硬路線が西側諸国の規制強化を誘発 ・第2に、習氏への権力集中と優先課題に掲げる政策が将来の成長にマイナス ・改革派を排除する一方、都市封鎖を実行した人物が昇進
望月純夫
★カナダ利上げ縮小0.5%、中銀「引き締めで終盤近づく」 ★韓国GDP0.3%増、7~9月、半導体輸出振るわず ★習氏権力集中へ「二つの擁護」、「確立」は盛らず、「台湾独立に断固反対・明記 ★クレディ・スイスの証券化事業、」米アポロが買収へ ★ウクライナ、ロシア側攻撃めぐり指摘、
Willcan
モルガン・スタンレー 、中国株の見通しを大きく引き下げ 政策や地政学、ゼロコロナ巡り不確実性高まる-習氏への権力集中で 短・中期的には価格変動が拡大する公算がより大きくなっている
Sakura
党規約に習近平総書記の党の核心としての地位と習氏を中心とする党中央の権威を守る「二つの擁護」を明記。党規約は党内の最高法規で違反者は取り締まりの対象に。すでに十分異常。 習近平氏権力集中へ「二つの擁護」 党規約、「確立」盛らず: 日本経済新聞…
地政学リスク(Geopolitical risk)最前線
習氏権力集中へ「二つの擁護」 党規約、「確立」盛らず:日本経済新聞
土開千昭|株式会社隠密
習氏への権力集中、混乱する世界の一段のリスクに-株と元下落

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう