おすすめ記事

自民議連、次世代型太陽電池への「世界最高水準の政策支援」を提言

記事を要約すると以下のとおり。

自民党の議員連盟は25日、次世代型太陽電池の実用化に向けた「世界最高水準の政策支援」や洋上風力の導入拡大などを求める提言案をとりまとめた。
 議連は同提言は5月下旬に政府に対して申し入れる予定だという。
政府計画では太陽光発電について経済産業省は既存技術では設備を導入できなかった屋根や壁面といった場所を有効活用できる軽量で柔軟な次世代型太陽電池の開発が「不可欠」と指摘している。
 風力の分野でも陸上設備向けの適地が少なくなってきているほか、洋上風力発電の累計導入量は30年までに420万キロワット、35年までに1000万キロワットとなる見通しとなっている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 自民議連、次世代型太陽電池への「世界最高水準の政策支援」を提言

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう