おすすめ記事

英中銀、2年ぶりに金利据え置き-政策委員会が僅差で決定

記事を要約すると以下のとおり。

イングランド銀行(英中央銀行)は21日、政策金利を5.25%で据え置いた。
決定票を持つベイリー総裁は据え置きの可能性はおよそ50%と予想されていた。
市場が織り込む追加利上げ幅は約18ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と発表前の25bpから縮小した。
MPCは、消費者物価上昇率が2025年4-6月(第2四半期)に目標まで低下すると予測している。
しかし、油断できる余地はない。
他の主要中央銀行と同様、金利は「サイクル頂点にかなり近づいた」と発言。
カンリフ副総裁は転換点が近いと述べていた。
議事要旨によると、中銀は7-9月(第3四半期)の成長率予想を0.4%から引き締まった金融政策が労働市場と実体経済全般の勢いに影響を与えている兆候が増えていると説明した。
 景気減速に伴ってインフレ率は「中期的に」2%を下回ると予想。
カンリフ副総裁とグリーン、マン、ハスケルの3委員は利上げを主張した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 英中銀、2年ぶりに金利据え置き-政策委員会が僅差で決定

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう