おすすめ記事

英中銀チーフエコノミスト、年内利下げはインフレ率低下の「ご褒美」

記事を要約すると以下のとおり。

イングランド銀行(英中央銀行)チーフエコノミストのヒュー・ピル氏は5日、インフレ率が低下した英経済に対する「ご褒美」として、年内に金利が下がる可能性があるとの見解を示した。
同中銀は先週、政策金利を5.25%で据え置き、利下げが検討されていることを示唆。
金融政策の見通しは変化したと述べた。
金利はすでに「景気抑制的」であり、このことは生産活動や物価を制限していることを意味するとして、ピル氏はインフレ率が基調的に2%レベルに戻るのを見る必要はない。
 その上で、インフレに対する潜在的な脅威を探るため、イングランド銀は引き続き中東情勢を注視する姿勢も示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 英中銀チーフエコノミスト、年内利下げはインフレ率低下の「ご褒美」

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう