おすすめ記事

英国、インフレ抑制には失業率が6%に上昇する必要も-中銀委員

記事を要約すると以下のとおり。

英国のタイトな労働市場が賃金と物価のスパイラル的上昇を後押ししていると、イングランド銀行(英中央銀行)の金融政策委員会(MPC)メンバー2人が指摘した。
 ハスケル、ピル氏の発言は英中銀が当面インフレへの警戒を続けなければならないと論じた。
OneOfficialThinks6%JoblessRateIsNeededtoQuellInflationScenariowouldseeunemploymentriseby600,000to2.1millionSource:OfficeforNationalStatistics  失業率が6%に達することを意味する。
 ハスケル氏は3日のウェブイベントで、インフレ抑制にはさらなる利上げが必要だと考えている。
「賃金と価格の動きに持続性が強まっている」とし、景気減速がインフレを低下させると「あまり楽観できない」と語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 英国、インフレ抑制には失業率が6%に上昇する必要も-中銀委員

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう