おすすめ記事

英国の金利先高観を左右か、CPIから英中銀政策決定までの30時間

記事を要約すると以下のとおり。

英債券市場は転換点に差し掛かりつつある。
 ブラックロックとインベスコ・アセット・マネジメント、ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメントは既に英国債市場に戻っている。
 インベスコのファンドマネジャー、アレクサンドラ・イワノバ氏は、「英中銀には市場予想を実行できない多くの制約がある。」
      英国は主要7カ国(G7)の中で最悪のインフレ問題を抱えているが、電気・天然ガス価格の急落や食品価格の伸び鈍化などにより、見通しは改善しつつある。
 同統計は22日に金利決定を控える金融政策委員会(MPC)の判断に大きくな影響を与える。
0.25ポイント利上げを想定しているが、経済予測を示す8月のMPCを前に「過度にタカ派的なメッセージ」は予想していない。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 英国の金利先高観を左右か、CPIから英中銀政策決定までの30時間

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう