おすすめ記事

英国債市場の混乱は他の市場へ飛び火も-ブラックロックのミラー氏

記事を要約すると以下のとおり。

これにより、同国の金融システムに大きなリスクがあることが露呈した。
 ミラー氏は「これまでよりもはるかに積極的な財政政策を打ち出すことで、政府はすでに悪化している市場にさらなる圧力をもたらした」と指摘。
今後3カ月の間に同じようなことが起こっても私は驚かないだろうと話した。
 「オールインの資本コストは大幅に上昇したとし、投資適格級社債の指数で利回り5-6%レンジの質の高いポートフォリオを合理的なコストで構築できるが、この20年近くはそれができなかったと話した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 英国債市場の混乱は他の市場へ飛び火も-ブラックロックのミラー氏

Twitterでの意見

保守にゃん
英中銀総裁、国債市場はまだ平時を回復せず-緊急購入債券の売却開始 - Bloomberg 2022年11月30日 2:06 JST •英国債市場、過去数カ月の衝撃を依然引きずる-ベイリー総裁が答弁 •英中銀、市場混乱時に緊急購入した債券570億円相…
kabe
海外勢、安定的運用を求め円債投資に走る-買越額は2年ぶり高水準 より 「英国発の債券市場の混乱で傷んだポートフォリオの駆け込み寺的に円債が選好された可能性がある」と指摘。
Sakura
海外勢、安定的運用を求め円債投資に走る-買越額は2年ぶり高水準 三菱UFJ銀行・関戸孝洋チーフジャパンストラテジスト ”海外投資家の円債投資の増加について「英国発の債券市場の混乱で傷んだポートフォリオの駆け込み寺的に円債が選好された可能性がある」と指摘。”
マー君
【FOMC議事要旨】 🚩大部分の当局者は近いうちの利上げペース支持 🚩ピーク金利の上昇を様々なメンバーが認識 🚩英国の混乱を踏まえて市場のレジリエンスを討議 🚩米30年債利回りが一段低下、3.75%に割り込む
egaode1192🇯🇵 🇺🇦🌻
「その後、減税策の7割の撤回や首相の交代で、金融市場の混乱は一服している。一時、4.5%まで急騰した10年物英国債の利回りは足元では3.2%程度に下落(価格は上昇)した。」
Eurobear
双子の赤字の英国発の金融危機リスクがある。 大規模減税案をきっかけとした英市場の混乱は、英中銀の介入で一応収まったが、金利急騰パニックの渦中にあった年金基金は全身打撲状態。 国債増発が不可避だが、長期債唯一の買い手が年金基金。英の金融システムに圧力がかかり、通貨と債券暴落のシナリオ
南行庵
「共和党の重鎮、パット・トゥーミー議員は3日、連邦準備理事会(FRB)に書簡を送り、米国債市場の流動性に混乱が生じても国債買い入れを行わないよう要請した」 国債買い戻しを計画していたのは財務省でFRBではないが・・?英国のようなことが生じたらという仮定の話?
ワールドニュース of ビジネス/株式/FX/仮想通貨
[日経マーケット] ゼロ金利時代が過ぎて 英国でトラス前政権が、9月に大規模な減税策を含む経済対策を打ち出し、それが英国債市場を混乱させ、英株価や英ポンド相場にも波乱が広がった。最終的にこの経済政策は撤回されたが、混乱の要因とし...
willowsg2
仮に市場がそうなったとして、それで利下げというのはどういう流れなんかな。 直近の例を見ても、英国債市場の混乱に対応したBOEも周辺国スプレッドの分断化を懸念したECBも利下げなど匂わせなかった。 やったのはQT停止や流動性供給またはそ…
だん
金融政策の影響を受けやすい2年債とインフレ期待。 英国の財政を巡る混乱が一服したことで、BOEのタカ派化観測が大幅に後退。 FEDやECBに対しても、タカ派姿勢が後退するとの観測。 世界的な利上げも終盤戦との見方は、先週の金融市場の…
嶋津洋樹
金融政策の影響を受けやすい2年債とインフレ期待。 英国の財政を巡る混乱が一服したことで、BOEのタカ派化観測が大幅に後退。 FEDやECBに対しても、タカ派姿勢が後退するとの観測。 世界的な利上げも終盤戦との見方は、先週の金融市場の主要テーマの1つ。
琳琅
「対策を慎重に検討し、閣内で確認するため」という明確な理由と、財政計画についてBOEと緊密に情報交換していることも同時に示され、市場の混乱は起きていません。英国債の利回りが少し上昇。 UK
ヤドン🇬🇧🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿
独国債イールドカーブはブル・フラット化。FRBの利上げペースが減速するとの見方が広がった。短期金融市場は10月会合における欧州中央銀行(ECB)による75bp利上げを100%織り込む。英国債は幅広い年限で利回りが低下。スナク氏が首相に就任し政治混乱懸念が後退。独伊10年国債利回り格差は220bpまで縮小
ヤドン🇬🇧🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿
10/24 欧州株式市場は上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペースが減速するとの見方が広がったほか、英次期首相にスナク氏が就任する見通しとなり英政治混乱懸念が後退。ストックス欧州600では全セクターが上昇し、公益事業や不動産の上昇が目立った。英国債は幅広い年限で利回りが大幅低下。
ベーシックインカム 広めよう会
財政の持続性に不安視がされたのであり、法人税か所得税かの細目は関係がない。 『英国では、トラス政権が9月23日に発表した総額450億ポンド(約7・6兆円)の大規模減税が財政不安を招くとして、英国債の金利が上昇(価格は下落)するなど金融市場が混…

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう