おすすめ記事

英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題-偽グリーンに警戒も

記事を要約すると以下のとおり。

岸田文雄政権がたびたび用いる「GX(グリーントランスフォーメーション)」は、英語で伝わりにくいという難点がある。
 GXではなくグリーントランスフォーメーションと伝えられても、対象が広範過ぎて曖昧な印象を受けるという。
 英語でGXが何の略かを言い当てた人はいなかった。
 ブルームバーグを含む海外メディアの英語記事でも、GXをそのまま使用した例は少ない。
GX経済移行債は現段階では仮称だが、この名称の中に「グリーン」と「移行(トランジション)」の二つが同時に含まれている点だ。
 GX債について、仮称としつつも「グリーンとトランジションという、似て非なるものが混在した名称のままでは、投資家のグリーンウォッシュに対する警戒感を高める可能性がある」と指摘する。
 主要7カ国がグリーンボンドを発行しているが、各国政府の公表資料によれば、いずれもICMAの指針にのっとったものだ。
「脱炭素国債」の提案も  GX債の名称はもともと首相官邸が主導して決めたもので、グリーンか否かで見解が分かれ得る原子力分野などへの支援をあらかじめ排除せず、幅広い資金使途を確保したいとの狙いがあった。
 過去の会議で唯一、名称変更を提案したことがあるのは山口壮環境相(当時)だ。
その上で、巨額とされる世界のESGマネーを引き付けるには「ディカーボナイゼーション・ボンドの方が英語にしても簡単で分かりやすい」と話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題-偽グリーンに警戒も

Twitterでの意見

大橋俊規
英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題-偽グリーンへの警戒も より 英語好きの官僚文章。それにいい諾々の岸田くん。恥ずかしいな。
ねぎっつ
わかりにくいってよ🥺 英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題―偽グリーンに警戒も|Axion
米国株ブログ更新通知bot
英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題―偽グリーンに警戒も 米国株 米国株ブログ グリーン
fugasan
直訳すると緑化。意味わかんねーな。 英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題-偽グリーンへの警戒も より
Manami Ichi
英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題-偽グリーンに警戒も - Bloomberg 更新日時 2022年11月18日 8:43 JST •「トランスフォーメーション=X」の図式が浸透していない可能性 •GX実行会議は財源論など中心、債券の名称についての議論乏しい .
空き缶
伝統芸能感ある / “英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題-偽グリーンへの警戒も”
ガルベス
"経済産業省の担当者は、(中略)「トランスフォーメーション=X」との図式は日本以外でそれほど浸透していない可能性がある。" ワイにも浸透していない。 |英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題-偽グリーンへの警戒も より
Tou Shin
たしかに、What is GX?って聞かれた経験ある。もう「グリーン」って言葉が一番怪しい雰囲気さえ出てきてる気がする。 英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題-偽グリーンへの警戒も より
うらわの民
ここでもガラパゴス化。 >英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題-偽グリーンへの警戒も から
2pei🐖
・見せかけの環境配慮を指す「グリーンウォッシュ」を警戒する向きさえある。 ・GXという言葉は極めて日本特有で、日本以外の場所では聞いたことがない 🤦‍♂️ 英語で伝わらぬ「GX」、新債券の名称に課題-偽グリーンへの警戒も - Bloomberg

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう