おすすめ記事

記録的な転換社債ブーム、アジアを席巻-ヘッジファンド殺到

記事を要約すると以下のとおり。

株式に転換できる債券がアジアで大流行している。
 欧米ではすでに一般的なCBだが、アジアでも資金調達手段として人気が高まっている。
ヘッジファンドにとっては、債券と株式の裁定取引を行うチャンスだ。
 HSBCホールディングスのアジア太平洋地域担当グローバルバンキング責任者クリスティナ・マー氏は、「社債やローンといった伝統的な資金調達方法は、金利が高いため今はあまり魅力がない。」
 CBは借り入れコストが高まる。
強い需要  過去2年間の低迷から立ち直り始めたばかりの中国の大手企業にとって、CBは政府の資本規制に抵触することなくドル資金にアクセスする手段だ。
 日本では大和ハウス工業が今年、2000億円相当の円建てCBを発行すると発表したが、同社も集めた資金を自社株買いのための非常に良い方法だ。
 米アップルのスマートフォン「iPhone」を受託生産する台湾の鴻海精密工業は5月、CBの発行を開始した。
 JDドットコムやアリババとは異なるアプローチで、中国の大手パソコンメーカー、レノボはサウジアラビアの政府系ファンド向けに20億ドル相当のゼロクーポンCBを発行する。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 記録的な転換社債ブーム、アジアを席巻-ヘッジファンド殺到

Twitterでフォローしよう