おすすめ記事

輝き失うテスラ株、2018年以来最長の下落局面-需要減速懸念に拍車

記事を要約すると以下のとおり。

27日の米株式市場でテスラの株価が下落。
株式時価総額ではウォルマートやJPモルガン・チェースを下回った。
上海工場での生産スケジュール短縮の報道は、需要が減速しているとの懸念をさらに強めるものだ。
テスラの増収率を平均で2022年が54%、23年が37%と予想している。
しかし、今年に入ってからの下落も同様に急ピッチだった。
 ただ、それでもアナリストのテスラ株に対する全体的なスタンスはなお強気であり、投資判断を買いまたは買い相当としている比率は2015年初頭以来の高さとなっている。
来年にはテスラ株回復の「芽」が出てくる可能性があるとの見方を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 輝き失うテスラ株、2018年以来最長の下落局面-需要減速懸念に拍車

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう