おすすめ記事

野村HDの10ー12月業績は本業堅調、ホールセール改善-自社株買いも

記事を要約すると以下のとおり。

野村ホールディングス(HD)が31日発表した2023年10ー12月(第3四半期)連結決算によると、純利益は前年同期比24%減の506億円だった。
取得期間は2月16日から9月30日まで。
富裕層に重点を置いたリテール戦略やコスト削減を計画比で上乗せする考えを示していた。
同部門は低迷が続いており、業績の回復動向には市場関係者からの関心も高い。
前年同期には保有する野村総合研究所(NRI)の一部株式を売却し、280億円の売却益を計上していた。
ホールセール部門は230億円の赤字)に改善した。
その結果、自社株買いの実施を決めたと説明。
コストが高く、それに見合う収益が上げられていない点には引き続き着目していると語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 野村HDの10ー12月業績は本業堅調、ホールセール改善-自社株買いも

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう