おすすめ記事

野村HD社長、今年の日本関連M&A増加へ-大型案件やMBOけん引

記事を要約すると以下のとおり。

「野村ホールディングス(HD)の奥田健太郎社長は5日、日本企業が関与する2024年のM&A(買収・合併)市場の見通しについて、海外での大型買収や23年に過去最大規模となった経営陣が参加する買収(MBO)が引き続きけん引するとして、「案件・金額ともに伸びる」との見方を示した。
 また、資金調達などにおいてメリットを感じていない上場企業がMBOなどによって株式の非公開化を模索する動きも増えていると説明。
18年に約43兆円と金額ベースで過去最高水準を記録した後、コロナ禍による海外渡航制限の影響などでやや伸び悩んでいたが、東芝の非上場化や日本製鉄による米鉄鋼大手USスチール買収発表など2兆円前後の大型案件が数字を押し上げた。
関連記事:日本製鉄、USスチールを1株55ドルで買収-買収総額約2兆円 急増するMBO、日本株の新たな追い風-2023年は過去最大規模に経営の自由か乱用か、東芝など非上場化選ぶ企業増加-株主の圧力要因。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 野村HD社長、今年の日本関連M&A増加へ-大型案件やMBOけん引

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう