おすすめ記事

金融政策変更、多角的レビュー期間でも必要なら実行-日銀総裁

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の植田和男総裁は、28日の金融政策決定会合で決定した1年から1年半程度の多角的レビューに関して、「その時々に必要な政策変更は期間中であっても毎回の金融政策決定会合で議論し、必要があれば実行していく」と語った。
植田和男日銀総裁(4月28日)Photographer:KiyoshiOta/Bloomberg  レビューは「政策正常化を狙ってやるわけではない」と説明。
一方、政策金利に関するフォワードガイダンス(指針)は廃止した。
物価の基調  持続的・安定的な2%の物価目標の実現を判断する上で重要な基調的な物価は徐々に上昇し始めているとしながらも、「まだ自信の度合いが少し低いとした。」
来年の春闘が「非常に重要な要素」としつつ、「今年のいろいろな経済変数の動きを見ていく中で、持続的な2%が達成されそうだという判断に至るケースも十分あり得るとの見解を示した。
 市場機能の低下を踏まえたYCCの運用見直しなど一連の措置は、「スムーズなイールドカーブの形成に役に立っていると説明。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 金融政策変更、多角的レビュー期間でも必要なら実行-日銀総裁

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう