おすすめ記事

銀行株買い増しに慎重論、日銀政策修正織り込み-金利との相関下がる

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行のマイナス金利政策が早ければ今月にも解除される可能性がある中、本来なら事業環境の好転期待が高まるはずの銀行株をさらに買い上げることに投資家が慎重になっている。
銀行のロゴPhotographer:KiyoshiOta/Bloomberg  JPモルガン・アセット・マネジメントの坂井美智子ポートフォリオ・マネジャーは、ゼロ金利までの利上げは市場である程度織り込まれてきたと話す。
修正翌日以降のTOPIX銀行業指数の上昇率は68%と、東証株価指数(TOPIX)の39%高や日経平均株価の46%高を上回る。
金利上昇が銀行株買いにつながっていないことを意味する。
支えとなってきた銀行株に勢いが戻らなければ、日本株相場は金利上昇により脆弱(ぜいじゃく)になり得る。
「さらにウエートを取っていく運用はしない」としつつ、市場に追加利上げへの期待がある間は銀行株にはポジティブだとみている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 銀行株買い増しに慎重論、日銀政策修正織り込み-金利との相関下がる

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう