おすすめ記事

長期金利が0.51%に上昇、日銀YCC上限を連日で超える

記事を要約すると以下のとおり。

16日の債券市場で長期金利が0.51%に上昇。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 長期金利が0.51%に上昇、日銀YCC上限を連日で超える

Twitterでの意見

ドレス・デ・ン
【難題だらけの次期日銀総裁】クロダメを支えた雨宮副総裁が日銀総裁の打診を受けたとの報道があって、円は一時全面安となったが、金融緩和修正の動きが続かないとみるや、長期金利が上昇し、円安は一服した。アベノミクスのツケは重く、リスクは累積するばか…
🐯🇺🇸 もかりんご@埼玉県の秩父のほう。🇷🇺🐻
債券市場 長期金利 およそ7年半ぶり0.53%まで上昇 まだ利上げが足りないということね。日銀は昔から粉飾決算で国債の評価損を表面化せていないが、そういう悪質企業には実質破綻という言葉が使われる。 …
菅原 健史
日本経済研究センターは、昨年12月、日銀が長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)を解除すると「長期金利は0.8〜1.1%程度まで上昇する」とする試算を公表、企業の収益や設備投資を縮ませる可能性を指摘した。
Hiroshi Kukita
4月に何が起こるか想像出来ないが、政策変更による、長期金利上昇、日銀の債務超過という線も否定出来ない。それを考えると、新総裁も緩和路線で、行かざるを得ないのではないだろうか。 国債、崩れた日銀買い占め 外国人の売り4月に照準か:日本経済新聞
piyo🇺🇦
(続)政府府証券の購入のみ。中央銀行である日銀が、これらの金融商品を爆買いした。評価損が出ること自体、中央銀行としてはとんでもないことなのに、長期金利の上昇は止まらないから、この巨大損失はさらに損は爆増していくだろう。
パーフェクト★プライス
景気拡大期の長期・超長期金利のある程度の上昇は、バブル抑止(資産価格高騰抑止)や財政規律の維持に貢献するため、長い目で見た経済の安定や金融市場の安定には必要。 長期金利が下がり過ぎたり、景気拡大のわりに長期金利が上がらない場合は日銀は場合によっては国債売却で金利上昇の促進が必要。
笹山登生
日銀総裁は政治家や政府の意向に反する金融政策も判断する必要も出てくる。 例えば、長期金利が上昇する局面で許容範囲のペースであれば容認する必要がある。 その時、国会や政府会合での圧力は相当なものになるだろう。 日銀内の議論や市場は重視しても…
kasaharirounin
【カタストロフが近い】日銀の買いオペが続いているが、長期金利は0.48%に張り付いたままだ。日銀が膨大な国債を買い続ければ、金利が上昇すれば、損失を拡大させるばかりだ。
オリオン
国債の時価が帳簿上の評価額を下回る形となり、8兆8000億円の含み損が発生したということです。 日銀保有の国債 8兆8000億円の含み損発生 長期金利上昇の影響 | NHK
RyoMenamiⅡ
日銀は長期金利を抑制するイールドカーブ・コントロール(YCC)政策の下で国債購入。 昨年12月、容認する長期金利の上限を0.5%に引き上げたことで国債市場の金利が上昇(債券価格下落)、含み損が一気に膨らんだ。
茄子皮 点珍
住宅ローンは変動金利か固定金利か。 日銀が長期金利の変動幅上限を0.25%程度から0.5%程度に引き上げたことで、一部住宅ローン金利が上昇しました。 今回は固定型が上昇しましたが、金利上昇局面で影響を受けやすいのは実は変動型です。 住宅…
愛結夢~ayumu~
①±0.25%を維持しつつ、歪み是正を図るべきだった、②金利上昇圧力は利上げ可能性を高める、長期金利上昇圧力がインフレ期待上昇によるものなのか否か、その検討が重要。/債券市場の機能不全続く 日銀、異次元緩和に限界近づく: 日本経済新聞 ht…
Nomura
10年債金利上昇 ↓ 日銀が対抗措置で共担オペで金利低下 ↓ ドル円上昇 ↓ 米国インフレ長期化による米国長期金利上昇 ↓ さらに円安←イマココ ↓ インフレ率急上昇 ↓ 日銀政策金利上げる ↓ 円の信用リスクが意識されドル円さらに上昇 ↓…
松谷ヒロ
日銀保有の国債 8兆8000億円の含み損発生 長期金利上昇の影響 nhk_news
ガンまにあ
零金利政策とは、金融機関が金融市場でお金を第三者に貸したら。日銀にその金利の数パーセントを払うと言う制度ですが。 金融機関の資金調達先は、日銀以外にも金融市場その物が調達先で在り。国家に拠る金融市場支配を最小限化する政策でも在ります。 実際、長期金利の上昇は抑えられておりますね。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう