おすすめ記事

長期金利が0.975%に上昇、11年ぶり水準-オペ減額や利上げ警戒

記事を要約すると以下のとおり。

長期金利が11年ぶりの高水準を付けた。
日銀がマイナス金利政策とYCCの解除を決めた3月の金融政策決定会合後に新発2年、20年、40年物の国債利回りがそろって10年超の高水準を付けたことになる。
 岡三証券の長谷川直也チーフ債券ストラテジストは、米金利高を受けたこともあるが日銀利上げやオペ減額観測を背景にした売りが継続し、日銀が21日に実施した定例の国債買い入れ額を前回から500億円減らした。
これを受けて6月の決定会合で明確な買い入れ額を維持していた。
減額により、市場では長期金利は上がるが、10-30年利回りで「だいたい10ー20bpくらいフラットニング(平たん化)するイメージだ」と語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 長期金利が0.975%に上昇、11年ぶり水準-オペ減額や利上げ警戒

Twitterでフォローしよう