おすすめ記事

長期金利の変動幅拡大、緩和効果を低下させる側面ある-黒田日銀総裁

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の黒田東彦総裁は6日、昨年12月に実施した長期金利(10年国債金利)の許容変動幅の拡大について「その点だけを取り上げると、金融緩和の効果を低下させる側面がある」と語った。
 総裁は、変動幅拡大というイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)政策の運用見直しを通じて、市場機能が改善し、金融緩和の効果が企業金融などを通じてより円滑に波及していくと指摘。
1月18日の会合では金融政策を維持、22年度物価見通し3%に引き上げ黒田ショック走る、日銀緩和修正は出口に向けた市場混乱の序章か。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 長期金利の変動幅拡大、緩和効果を低下させる側面ある-黒田日銀総裁

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう