おすすめ記事

長期金利2日連続で上限超え、政策修正警戒強いー日銀は臨時オペ通知

記事を要約すると以下のとおり。

債券市場で、長期金利が0.505%に上昇し、日本銀行の許容幅上限を前日に続いて超えた。
「3月会合での政策修正はコンセンサスではないものの、1月当時と比べると為替が円安に推移しており、その意味では政策修正の余地がある、修正しやすい環境に見えることも金利上昇圧力につながっていると思う」と話した。
毎営業日の10年国債の0.50%の指し値オペも実施。
オペ通知後は下げ幅をやや縮めている新発10年債利回りは低下米企業活動、2月PMIは小幅ながらも拡大圏-サービスが持ち直しFRB、計0.505%    DBS銀行のシニア金利ストラテジスト、ユージーン・レオ氏は、「インフレに対する懸念は根強く、日本も例外ではないと述べ、「持続的な物価上昇圧力を背景に、現在のイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)を継続するのは難しいようにみえると指摘した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 長期金利2日連続で上限超え、政策修正警戒強いー日銀は臨時オペ通知

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう