おすすめ記事

長期金利0.3%台に低下か、日銀の緩和継続姿勢で-共通担保オペ注目

記事を要約すると以下のとおり。

債券市場では、新発10年国債利回りが日本銀行の許容上限0.5%を大きく下回る0.3%台後半に低下すると予想されている。
結局は、20日の日中取引終値比1銭安の146円99銭で引けた。
しかし、オペが累積すれば、担保繰り(ただ、コロナオペ用の転用が見込める)、国債を購入すればバランスシートが膨らむなどの問題が生じ、長期間の使用には疑問が残るとの指摘は変わらない先物中心限月の予想レンジは146円76銭~147円22銭 日銀オペ5年物の共通担保資金供給オペを通知する予定。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 長期金利0.3%台に低下か、日銀の緩和継続姿勢で-共通担保オペ注目

Twitterでの意見

ハギ l 未来は自分で掴む
おはようございます ドル円ですが145円帯で日銀による為替介入警戒が強いですね 米総務省が発表した5月米個人消費支出が市場予想を下回りドル売り優先 米長期金利が低下してユーロ買い優先 となりましたね 朝活 投資 fx 投資家さんと繋がりたい
Hideo Watanabe
日銀が金利をいつ上げるかによる。ずっと140円〜150円とも思えないので、円ドルの長期予想は難しい。 →もう1ドル100円には戻らない? 円安に透ける国力低下 - 日本経済新聞
窓際記者の独り言
それと、今は日銀が異常な国債引き受けによる財政ファイナンスやYCC政策によって長期金利を人為的に押さえつけていますが、持続不可能です。本来は悪化した財政を再建することこそ王道であり、財政再建こそ国債市場の市場メカニズムを通じて長期金利を低下させ、経済成長にプラスになるんですね。
【公式】日本実業出版社(#にちじつ)
田渕 直也 教養としての「金利」 低金利とはどういうことか。 中央銀行(金融政策としての無担保コール翌日物金利、日銀当座預金金利) ↓ 市中銀行間の コール市場 ↓ 市民の普通預金 ↓ 短期、 長期の イールドカーブ ↓ ブル(金利低下、債…
百円富士
>米利上げ継続の見方に変更しドル円の見通しもドル高・円安方向に修正、年末は140円を予想 >日銀は7月にYCC調整との見方は不変、日米長期金利は年末から年始にかけ、低下する見通し >各期末の予想着地水準はドル高方向に修正も、この先緩やかなドル安・円高が進む見方を維持
Tweets
[強弱材料]強気材料・1ドル=143.40-50円・SOX指数は上昇(3515.77、+9.07)・米原油先物は上昇(69.37、+0.21)・米長期金利は低下・米国景気は拡 ... リンク: タ グ:日銀
絶対失敗できない住宅ローン選び
日本の長期金利が低下する一方で、大幅な円安が進む。 日銀の金融政策の変化に注意が必要。住宅ローン金利が上がるとしても固定金利の方だけれど。 住宅ローン
kiwi
YCC解除でかえって長期金利が低下、というシナリオは、確かに想定しておくべきかも。 日銀
山田 譲
債券12時50分 長期金利、低下に転じる 日銀オペの売り意欲高まらず - 日本経済新聞
@にゅ~す!
長期金利が低下、日銀オペが現物債の需給良好を示唆-中期債も堅調。( ・・)
Homu=Rafale
長期金利が低下、日銀オペが現物債の需給良好を示唆-中期債も堅調 日本の国債って、メチャクチャ「金利」が安い 誰も買わねー。
プルプルぷりん
【要人発言】 🇯🇵野口日銀審議委員 「日本経済は緩やかに回復」 「イールドカーブの形状は総じてスムーズになっている」 「市場機能保全のために金利変動幅を拡大した場合、長期金利上昇、金融緩和度合いが低下し、経済回復が遅れ る可能性もある」
匿名希望
【値上げは一過性と誰が言ったのか】植田日銀総裁がクロダメと同じく物価上昇一時的だと選挙対策の大規模予算を正当化して支え、クロダメ金融緩和を続けている。長期金利が低下する一方で、ウエダメ日銀の下でジワジワ円安が進み、1ドル134円台の円安に戻…
百円富士
日銀の金融政策、緩和バイアスを中立に変更を-IMFサルガド氏 >日銀はインフレリスク抑制や市場機能低下の副作用抑制、今後の急激な政策変更回避に向けて長期金利変動のさらなる柔軟化を検討すべきだとIMFは指摘している。
どんき
ChatGPTで日銀の金融緩和を質問。 (回答)日銀の金融緩和について教えて下さい 経済政策の一つとして、金融市場を通じて長期金利を下げ、企業活動や消費の拡大を促進するために行われる政策。金融緩和は、通貨の流通量を増やすことで、金利を低下させ、景気の回復を促すことを目的としています。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう