おすすめ記事

際立つエヌビディアの利子収入、金が金を生むー米企業に高金利の恩恵

記事を要約すると以下のとおり。

米企業の最高財務責任者(CFO)は数十年ぶりの高水準にある金利の恩恵により、「金が金を生む」ことを実感している。
 米企業の手元資金を振り向けることで、米企業はより高い収益を得ている。
 バンク・オブ・アメリカ(BofA)の証券事業で米金利戦略責任者を務めるマーク・カバナ氏は「企業は現金を保有することでより多くの利益を得ている」と指摘。
 とりわけ突出しているのが、半導体メーカーのエヌビディアだ。
同社の現金、現金同等物、短期投資の合計額は314億ドルから大きく増加した。
同社はそれ以上のコメントを控えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 際立つエヌビディアの利子収入、金が金を生むー米企業に高金利の恩恵

Twitterでフォローしよう