おすすめ記事

食品会社と株式市場変える「やせ薬」、対応怠れば投資家離れ-調査

記事を要約すると以下のとおり。

あまり健康的でない食品を販売する企業は「やせ薬」人気の高まりに対抗するためビジネスモデルを調整する必要があり、そうしなければ投資家離れを招くリスクがある。
 ピクテ・アセット・マネジメントの栄養ファンド担当リードマネジャー、メイサ・アル・ミダニ氏は、「先進国における課題はカロリー消費を増やすことよりも、そのカロリーをより健康的な食品にシフトさせることだとの見解を示し、「このような時代に適応する革新的な能力を持つ企業に投資していることを確認する必要があると述べた。」
新しい石炭  しかし、糖尿病や肥満の治療薬として処方される新薬の登場により、その状況は変わりつつある。
 ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)が2030年に800億ドル(約12兆円)市場になり得ると予測しているこの治療法は、消化を遅らせ、満腹感を長く感じることができる。
 オゼンピックを製造するデンマークの製薬会社ノボ・ノルディスクのラース・フルアーガー・ヨルゲンセン最高経営責任者(CEO)は最近のインタビューで、潜在的な影響を警戒する「食品会社トップ数人から電話を受けた」と述べた。
 ノボはすでに経口剤を開発しているが、注射剤にも使われている有効成分セマグルチドを大量に必要とし、供給を管理する最善の方法を見つけ出す必要があると説明している。
チポトレ・メキシカン・グリルのように、すでにヘルシーさを売りにしているレストランや小売企業にとっては、薬の販売自体が後押しになるだろう。
SurveySays:EliLillyShouldJoinMagnificentSeven(orEight)Morethanhalfofrespondentswantitadded,perhapsreplacingTeslaSource:BloombergMLIVPulsesurveyFeb.12-16with303respondents  最近承認されたゼップバウンドが史上最も売れる薬になると予測されているイーライリリーは、今年の株式市場で最大級の勝ち組だ。
 回答者の半数以上が、イーライリリーとテスラを入れ替えるか、もしくは「マグニフィセント・エイト」としてイーライリリーを加えるべきだと考えている。
 MLIVパルス調査は、MLIVブログを運営するブルームバーグの読者を対象に端末とオンラインで実施している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 食品会社と株式市場変える「やせ薬」、対応怠れば投資家離れ-調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう