おすすめ記事

香港取引所、アグジンCEOの契約1年延長検討と関係者-現行3年

記事を要約すると以下のとおり。

香港取引所がニコラス・アグジン最高経営責任者(CEO)との契約を2025年5月まで1年延長することを検討している。
香港取引所CEOの契約期間は通常3年間で、アグジン氏も3年契約を結んでいる。
香港取引所CEOに就任以降、難題に悩まされてきた。
世界経済を巡る懸念や厳格な新型コロナウイルス対策、中国による民間企業への締め付けなどで、売買高や新規株式公開(IPO)が低迷。
 アグジン氏がCEOに就任して以降、香港取引所の株価は先週末時点で45%下落している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 香港取引所、アグジンCEOの契約1年延長検討と関係者-現行3年

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう