おすすめ記事

黒田日銀の「最後のサプライズ」あるか、チャートにみる市場の臆測

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行は債券市場の機能低下を踏まえ、昨年12月に政策修正に踏み込んだが、長期金利は上限の0.5%にほぼ張り付き、イールドカーブのゆがみの解消には至っていない。
事情に詳しい複数の関係者 足元の主要指標の動向を見ながら日銀の政策運営の行方を考察する:市場機能  日銀はこれまで債券市場の機能向上を掲げたものの実現に至らず、利回り上限を維持するために債券購入を強化してきた。
国内債券市場の機能は改善していくと発言していた。
 ゴールドマン・サックス・グループのストラテジスト、アンドレア・フェラリオ氏は、12月に長期金利の許容変動幅を広げたにもかかわらず、債券市場の機能は悪化し続けていると指摘。
全国の物価の先行指標となる2月の東京都区部の消費者物価指数はエネルギー価格高騰に対する政府支援策で緩和されたが、生鮮食品とエネルギーを除く指数の上昇率は高まっており、正常化やYCC見直しに近づいているという見方はあると指摘。
 ピーク下回る  しかし、債券先物の予想変動率(インプライド・ボラティリティー)は、日銀が政策をしばらく維持するというコンセンサス(共通見解)が投資家やエコノミストらの間で形成されていることを示している。
その撤廃の仕方を考えているのではないかとみる。
通貨オプション市場でドル・円の1週間物のリスクリバーサル(その期間に予想される円相場の方向性を示す指標)は、日銀がYCCの再修正を「やるかやらないか」でなく、「いつやるかに移っていると指摘。
時間がたてばたつほど、日銀は市場の投機にさらされると語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 黒田日銀の「最後のサプライズ」あるか、チャートにみる市場の臆測

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう