おすすめ記事

黒田総裁が残していくゆがんだ日本国債市場-チャートで見る

記事を要約すると以下のとおり。

日本銀行の黒田東彦総裁は10年の任期の終わりに近づいている。
しかし今ではGDPの100%を占めていた。
 日銀のYCC修正で起き得るもう一つの危険性    この結果、日本国債の取引環境はめちゃくちゃになった。
特にイールドカーブコントロール(YCC)政策のターゲットになる10年債でひどい。
    イールドカーブ自体も黒田総裁前の形に戻ろうとしている。
5年債と30年債の利回り格差(10年債は日銀が厳しくコントロールしているため除外)で比較を行うと、大半の期間で日本国債のイールドスプレッドは小さいことが多かった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 黒田総裁が残していくゆがんだ日本国債市場-チャートで見る

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう