おすすめ記事

1兆ドルの米国債の津波が流動性吸い上げへ-全ての資産クラスに影響

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦債務上限の適用を停止する法案にバイデン大統領が3日署名し、同法が成立した。
米連邦準備制度の量的引き締め(QT)プログラムが既に銀行の準備金を減少させている上に、資産運用会社はリセッション(景気後退)に備えて現金を抱え込んでいるからだ。
 5日に始まる米国債発行は既に縮小しているマネーサプライを吸い上げ、全ての資産クラスに影響する見込みだ。
「これほどの縮小が見られるのはリーマン危機のような重大な衝撃の時だけだ」と述べた。
銀行が買わない場合でも、顧客が銀行預金から米国債へと資金を移せば混乱を引き起こし得る。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 1兆ドルの米国債の津波が流動性吸い上げへ-全ての資産クラスに影響

Twitterでの意見

書記長
1兆ドルの米国債の津波が流動性吸い上げへ-全ての資産クラスに影響 より このニュースもどうでも良かった。騒いでいたのは何だったんだろう。
following me
1兆ドルの米国債の津波が流動性吸い上げへ-全ての資産クラスに影響 から
Dr. Slump
6月4日付ブルームバーグは「1兆ドルの米国債の津波が流動性吸い上げへ―全ての資産クラスに影響」と題する記事を掲載した。
尾﨑全紀@1985年世代の阪神タイガース現地応援&サンテレビ観戦&虎テレ観戦&脳内どんでんアカウント
5日に始まる米国債発行は既に縮小しているマネーサプライを吸い上げ、全ての資産クラスに影響する見込みだ。JPモルガンは広義の流動性指標が2023年初めの約25兆ドル(約3498兆円)から1兆1000億ドル減少すると見積もっている。 1兆ドルの…
アオアシカツオドリ
↓この論点、日本では注目度高くないのかな? Bloomberg:1兆ドルの米国債の津波が流動性吸い上げへ-全ての資産クラスに影響 要するに目下fedのon rrpに流入しているmmfの資金が新規発行されるt-billにシフトするなら金融市場は安泰だけど、それが進まない場合は銀行の流動性不安の再来や

Twitterでフォローしよう