おすすめ記事

1年先の米インフレ期待、約2年ぶり水準に低下-ミシガン大調査

記事を要約すると以下のとおり。

 家計に関する現況指数と期待指数はいずれも9カ月ぶりの高水準。
金利上昇が意識される中で、大型耐久財の購入環境に関する指数も改善した。
 ミシガン大の消費者調査ディレクター、ジョアン・シュー氏は発表文で「消費者の3分の2が向こう1年で景気が悪化するとみており、最近の改善にもかかわらずセンチメントが依然低いことを反映している」と指摘。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 1年先の米インフレ期待、約2年ぶり水準に低下-ミシガン大調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう