おすすめ記事

5日開幕の中国全人代、トレーダーは財政刺激策や不動産業界支援注視

記事を要約すると以下のとおり。

中国の株式投資家は、5日に開幕する全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で示される政策の優先事項や財政刺激策に関するシグナルを売買の手掛かりとして注視するだろう。
低いバリュエーションや政策支援に触れ「2月初めからの相場反発は続くと予想される」とした。
中国人民銀行(中央銀行)は住宅ローンの主要指標金利を過去最大の幅で引き下げた。
技術競争  米国との競争が過熱する中、中国は外国製技術を国産に置き換える動きを加速させると予想される。
 国泰君安証券のアナリストはリポートで「ハイテク分野の成長株は、一層のハイテク・産業政策にけん引され上昇するとの期待が高まっている。」
浙江日発精密机械や吉利汽車、長城汽車、比亜迪(BYD)などが注目される。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 5日開幕の中国全人代、トレーダーは財政刺激策や不動産業界支援注視

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう