おすすめ記事

6年前の悪夢の再来警戒、低い変動率見込む取引に懸念-MLIV調査

記事を要約すると以下のとおり。

米株式相場の低いボラティリティーが続くと見込んだ取引の新たなブームについて、ウォール街で懸念が高まっていることが最新の「マーケッツ・ライブ(MLIV)パルス」調査で明らかになった。
 MLIV調査の回答者377人の71%が現在のブームは市場を脅かす可能性があると懸念。
Short-VolatilityTradesAreHazardousWeasked:Whatdoyouthinkofshort-volatilitytrades?Source:BloombergMLIVPulsesurveyFeb.5-9with377respondents.  そうした不安の原因は、S&P500種株価指数の下落を受けて恐怖指数として知られるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX)が急上昇した18年のボルマゲドンにあるかもしれない。
 現在、このようなVIX関連商品にかつての勢いはないが、ショート・ボラティリティー取引は多くのチャンネルを通じて生き続けている。
 S&P500種が過去最高値を更新し、米指標が予想外に上振れする中、VIX指数はコロナ禍前の水準に向けて低下しており、現在は13近辺で推移。
 MLIV調査の回答者は、株式バリュエーションが高止まりし、インフレが根強く、地政学的に不安定な状況で、VIX指数がさらに下がる可能性はあまりないと予測。
 そうしたシナリオに備える最善の方法を巡り、調査回答者の意見が分かれた。
回答者の大半は米欧在住。
調査(英語)には匿名で参加可能です。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 6年前の悪夢の再来警戒、低い変動率見込む取引に懸念-MLIV調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう