おすすめ記事

6月減額と7月利上げ読む債券市場、残るは日銀利上げペース織り込み

記事を要約すると以下のとおり。

一方、OIS2年先1年フォワード金利は0.7%を下回り、年1回程度の利上げペースしか織り込んでいない。
 日銀の利上げペースが想定より速まるとの見方が強まれば、さらなる金利上昇圧力が加わる。
国内金利上昇は内外金利差の縮小を通じて、為替相場を含むグローバルな資金の流れに影響を与える可能性がある。
 主な意見では国債買い入れについては6月会合で「より明確な減額のシグナル」が発せられる可能性があるとみる。
利上げのハードル  日銀は3月のマイナス金利解除により政策手段を短期金利に統一し、日銀当座預金に対する付利を0.1%とすることで無担保コールレート(オーバーナイト物)を0.15ポイントの引き上げにとどまるとの見方が強い。
 問題はその先の利上げを予想。
日銀利上げペースが年2回に高まれば一番影響を受けるのが中期ゾーン、特に5年債利回りだと指摘。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 6月減額と7月利上げ読む債券市場、残るは日銀利上げペース織り込み

Twitterでフォローしよう