おすすめ記事

7月の米消費者信頼感指数、2年ぶり高水準-雇用市場を楽観視

記事を要約すると以下のとおり。

米民間調査機関のコンファレンスボードが発表した7月の米消費者信頼感指数は2年ぶり高水準となった。
インフレ期待の指数は小幅低下。
主要インフレ指標は緩和の兆候を示しているが、雇用市場は堅調さを維持している。
それでも、リセッション予想は最近のピークを下回っており、景気後退への懸念が今年前半に比べて和らいでいることを示唆しているという。
6カ月後の労働市場への期待も改善した。
 購入計画が増えた一方、冷蔵庫や洗濯機のような主要家電製品の購入計画はまちまち。
原題:USConsumerConfidenceRisestoaTwo-YearHighonJobMarket(抜粋)(統計の詳細を加え、更新します)これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 7月の米消費者信頼感指数、2年ぶり高水準-雇用市場を楽観視

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう