おすすめ記事

7月米雇用統計、FRBに9月行動迫る内容ない-市場関係者の見方

記事を要約すると以下のとおり。

7月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比18万7000人増加(予想20万人増)。
◎プリンシパル・アセット・マネジメントのチーフ・グローバルストラテジスト、シーマ・シャー氏:  7月の米雇用統計が状況を一変させる内容でないことは確実だ。
次回FOMC会合までに雇用統計の発表があと1回あるが、明確な方向性が出てこない場合、FOMCが9月に行動するには雇用の伸びと賃金増加の両方で大きな上方向のサプライズが必要とみられる。
◎BMOキャピタル・マーケッツのストラテジスト、イアン・リンジェン氏:  今回の雇用統計には、FOMCは次回会合で利上げを休止する公算が大きい。
労働市場は減速し、インフレは鈍化している。
最近のインフレ指標と雇用の伸び鈍化を踏まえると、FOMCは9月会合でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を5.25-5.25-5.50%のレンジで据え置きそうだ。
雇用減速と、懸念を生じさせるほど高い賃金の伸びのどちらに投資家が注目するか興味深く見ていきたい。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 7月米雇用統計、FRBに9月行動迫る内容ない-市場関係者の見方

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう