おすすめ記事

BGC証券、円金利スワップビジネスに参入-国内でチーム発足へ

記事を要約すると以下のとおり。

日本の金融政策を巡る思惑から借り入れコストの潜在的変動に備えるヘッジ目的の取引が記録的水準に膨らむ状況で、米ナスダックに上場する BGCグループが円金利デリバティブ(金融派生商品)ビジネス参入に動いている。
お客さまに信頼されながらビジネスを進めていく最適な時期になるとの認識を示した。
関連記事金融政策の変更、目標実現の確度十分に高まれば検討-日銀総裁、出口までの距離明確にせず-大規模緩和を維持     円金利スワップは金利変動に備えて企業が利用するヘッジ手段だが、BGCで円金利デリバティブを統括するマネージングディレクター、増本禎氏によると、日本の金利見通しを巡るさまざまな臆測が取引を勢いづけている。
そのような思いがいろいろ交錯し、実際に取引高が増えていると思うと語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース BGC証券、円金利スワップビジネスに参入-国内でチーム発足へ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう