おすすめ記事

CAT債で記録的利益上げたヘッジファンド、ポジション調整開始

記事を要約すると以下のとおり。

2023年に 最良の戦略だったカタストロフ(CAT)債投資のポジションを、ヘッジファンドが調整し始めている。
 世界最大級のCAT債投資家であるファーマット・キャピタル・マネジメントは「どのCAT債に資本を配分するかを少し選別している」とマネジングディレクターのブレット・ホートン氏が述べた。
 テナックスとファーマット、タンジェンシー・キャピタルはともに、保険リンク証券は昨年、すべてのヘッジファンド戦略の中で最もパフォーマンスが高く、ベンチマークの8%に対し全体として14%以上のリターンを上げた。
InvestmentReturnsin2023Insurance-linkedsecuritieswerethetop-performinghedgefundsub-strategySources:Preqin,SwissReNote:TheAllHedgeFundsandILSreturnsareannualizedfiguresfromPreqinbasedonSept.2023data  ホートン氏は、今年のCAT債発行は200億ドル(約3兆円)と前年から約20%増えると見込んでいる。
テナックスは特に警戒している。
大災害の発生件数は減少し、新発債のクーポンを有する債券の供給は潤沢だった。
 テナックスはここ数週間に、5%のプレミアムを享受できたという。
現在は8%。
心理的に、人々はピークを過ぎたと認識しているとデッラ・ジャコマ氏は語った。
マネジングディレクターのピーター・ディフィオーレ氏は、「満期によって多くの資本がシステムに戻された。」
新規発行がまだ活発化していないため、スプレッドが少しずれていると話した。
 24年のスプレッドは、債券の1年先予想損失の平均である約2.1%の4倍程度になる。
気になる気象パターンがどのように変化するかにもかかっている。
 こうしたことも用心深くあるべき理由の一つだとテナックスは指摘する。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース CAT債で記録的利益上げたヘッジファンド、ポジション調整開始

Twitterでフォローしよう