おすすめ記事

ECB、インフレ低下を市場が頓挫させる恐れを懸念-議事要旨

記事を要約すると以下のとおり。

欧州中央銀行(ECB)の当局者の一部は前回の政策決定時に、金融緩和を見込む投資家の取引がインフレ抑制に取り組む妨げになるのではないかと懸念していた。
 ECBは「市場の期待はかなりの楽観を反映しており、専門的な仮定に採用されている金利軌道およびインフレ見通しの両方に関して、ECBのスタッフ予測とは食い違っているとの感触を多くの当局者が持っている」と説明した。
経済活動への全体的な影響は2024年序盤にピークを迎え、インフレへの影響の大部分は今後2年間に表れると引き続き予想された「金融引き締めの効果はますます目に見えてきており、おおむね意図した通りに進んでいる。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ECB、インフレ低下を市場が頓挫させる恐れを懸念-議事要旨

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう