おすすめ記事

ECB、QT巡り早期の決定必要-利下げと同時進行なら市場混乱

記事を要約すると以下のとおり。

欧州中央銀行(ECB)が保有債券の償還金再投資を段階的に終了させるための時間は限られつつある。
このような政策の矛盾を避け、ECBの目標が投資家にとって不透明になることを避けるため、政策委員会の複数のメンバーは、われわれが直面している課題を考える上で、この問題が取り上げられるかもしれない。
 ECBは4-6月に満期を迎える債券の償還金の約半分のみをロールオーバーし、7月以降は再投資を完全に中止することができる。
 また、ブルームバーグが調査したエコノミストの金利見通しともほぼ一致する。
 「保有債券のロールオフプロセスは、事前に十分に準備され、発表されることが非常に重要だと主張し、このプロセスを開始したりQTの強化を発表したりすることは「われわれが伝えようとしている主要な金融政策の方向と相反することになりかねない」と論じた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ECB、QT巡り早期の決定必要-利下げと同時進行なら市場混乱

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう