おすすめ記事

ECBの3月50bp利上げ確率半々、SVB破綻で-5月以降にも火種

記事を要約すると以下のとおり。

欧州中央銀行(ECB)が16日に政策を決定する時、今後について一段と激しい対立が予想されることが注意を引きそうだ。
 これまでのところ当局者は、欧州への波及リスクがあるとは考えていない。
ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のドナフー議長もブルームバーグテレビジョンのインタビューで、SVB破綻は「特異な問題」-波及リスク見られずユーロ圏、SVBへのエクスポージャー限定的-ユーログループ議長ECBDepositRatePredictedtoReachPeakof3.75%inJulySource:BloombergsurveyofeconomistsconductedMarch3-9   それでも、短期金融市場が織り込むECB中銀預金金利のピークはほぼ1カ月ぶりに3.75%を割り込む0.5ポイント利上げの確率は50%となった。
ECB、今週の0.5ポイント利上げ確率50%-SVB破綻が「今週の会合にあまりにも近い時期に起こったので、5月の0.5ポイント利上げを約束する意欲は弱まるだろう。」
   SVB破綻前から既に、政策委員会内でのタカ派とハト派の対立は公になっていた。
 「タカ派がコアインフレ率を理由に挙げて新たな利上げを繰り返し呼び掛ける一方で、ハト派は慎重なアプローチを求める声を強めていると指摘した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ECBの3月50bp利上げ確率半々、SVB破綻で-5月以降にも火種

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう