おすすめ記事

ECBは6月を待つ必要-デギンドス副総裁がギリシャ紙に語る

記事を要約すると以下のとおり。

欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁はギリシャ紙ナフテンポリキとのインタビューで、「われわれは将来の金利動向についてはまだ何も議論していない。」
デギンドス氏の他の発言:「最近のインフレ動向を見ると、非常に明確なディスインフレのプロセスが見られる。」
この2つの要因が相まって、単位労働コストが大幅に上昇する可能性がある「6月には新しい予測も発表され、それについて議論する準備が整う。」
米連邦準備制度理事会(FRB)はもちろん世界最大の経済大国の中央銀行であり、われわれはFRBに左右されるのではなくデータ次第の姿勢だ「われわれは為替レートを目標にしてはいない。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ECBは6月を待つ必要-デギンドス副総裁がギリシャ紙に語る

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう