おすすめ記事

FOMC、利上げ休止路線を堅持か-雇用統計は労働市場のたるみ示唆

記事を要約すると以下のとおり。

5月の米雇用統計では非農業部門雇用者数の伸びが加速したものの、労働市場にはたるみの兆候が見られた。
一方で失業率は3.7%に上昇。
強弱入り交じる今回の雇用統計は、当局者らのそうした論拠を強めるかもしれない。
6月会合での利上げ確率は今週、一時低下した。
ジェファーソンFRB理事が5月31日、将来的な引き締めの可能性を排除するものではないが、利上げをいったん見送ることにより政策当局はデータを見極める時間を得られると述べたことが影響した。
「7月か9月、あるいはその両方の月で利上げを行うかどうかは、インフレ統計次第という面が大きい。」
前月からの上昇幅は2020年4月以来の大きさとなり、物価上昇圧力の弱まりを示唆した。
過去40年で最速ペースで進めてきたこれまでの利上げの影響を見極める時間を確保したいという思いも当局者にはある。
FOMC指導部は休止に傾いているが、他の多くの当局者は強く異論を唱えていると話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FOMC、利上げ休止路線を堅持か-雇用統計は労働市場のたるみ示唆

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう