おすすめ記事

FOMC、11・12月に連続75bp利上げか-CPI後の市場織り込み

記事を要約すると以下のとおり。

9月の米消費者物価指数(CPI)統計を受けて、米政策金利を巡る観測は11月と12月両方の連邦公開市場委員会(FOMC)でそれぞれ75ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利上げが決定するという流れに変わった。
前日に市場が引けた時点では11月に75bp、12月に75bp、12月に75bp、12月に55bpの利上げに相当する織り込まれている。
What'sPricedInNowSwapspriceinfull75bpFedHikesForRestofYear(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FOMC、11・12月に連続75bp利上げか-CPI後の市場織り込み

Twitterでの意見

梅澤輝泰
FOMC、11・12月に連続75bp利上げか-CPI後の市場織り込み
hal7000rr
FOMC、11・12月に連続75bp利上げか-CPI後の市場織り込み から 2022年中に0.75%の利上げを2回行うと、米国の政策金利は2022年の末には4.75%になる。今後の焦点は2023年中の利下げの可能性であり、米国CPIの推移に注目が集まる。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう