おすすめ記事

FOMC前の最適ポジション、プロと個人で意見割れる-MLIV調査

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦公開市場委員会(FOMC)決定を今週14日に控えた最適なポジションを巡り、プロ投資家と個人投資家の間で意見が大きく割れている。
プロのポジションははるかに弱気だったと電話で語った。
 ボケ・キャピタル・パートナーズ創業者のキム・フォレスト最高投資責任者(CIO)はインタビューで「個人投資家はいわゆる「サンタクロース・ラリー」に目を向け、プロは経済データに注目していると語った。
「確証のない主張だが理解はできる。」
 回答者の中で圧倒的多数を占めた。
同氏は08年の金融危機前に住宅市場崩壊に賭けた「世紀の空売り」で有名になった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FOMC前の最適ポジション、プロと個人で意見割れる-MLIV調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう