おすすめ記事

FOMC議事要旨、物価高持続巡る当局の懸念理由での新情報が焦点に

記事を要約すると以下のとおり。

昨年12月に開催された米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨が米東部時間4日午後2時(日本時間5日午前4時)に公表され、2023年にかけても高インフレが続く恐れがあると金融当局者が懸念を抱いている理由について、新たな情報が示されることになりそうだ。
一方でウォール街では最近、物価上昇圧力が緩和し始めたとして、インフレ見通しに総じて楽観的となっており、双方の見解の相違が浮き彫りとなっている。
5%を上回る形となっている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース FOMC議事要旨、物価高持続巡る当局の懸念理由での新情報が焦点に

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう